髙石あかり、Netflix映画『パレード』に出演決定!「私にとってかけがえのないものとなりました」

髙石あかり

俳優の髙石あかりが、映画『余命10年』を手掛けた藤井道人が脚本・監督を手がける新作映画『パレード』に出演していることが分かった。

髙石あかり Netflix映画『パレード』に出演決定

映画を中心に活躍する俳優の髙石あかりが、映画『余命10年』を手掛けた藤井道人が脚本・監督を手がける新作映画『パレード』に出演していることが分かった。
主演に長澤まさみをはじめ、坂口健太郎、リリーフランキーなど豪華俳優陣が共演する映画で、“旅立ってしまった人”の目線で、遺(のこ)された人への思いを描く愛の物語となっている。

髙石が演じるのは、遺された側の1人である女子高生の靖子。
公開された場面写真では、どこか焦点の合ってない虚ろな目で授業に臨む様子が写されており、予告編にはナナ(森七菜)に抱き着かれながら共に号泣しているシーンも収められており、靖子(髙石あかり)が何かに思い悩んでいることが容易に垣間見える。

髙石あかり

髙石は「完成した作品を観て衝撃を受けた、この作品の一部になれたことを心から感謝しています。役についてどこまでも考えることのできたあの時間は、私にとってかけがえのないものとなりました。」とコメント。
作品に出演できたことへの感謝と共に、靖子という役への撮影当時の向き合い方についても思いを馳せた。

映画『パレード』は2月29日にNetflixで世界独占配信される。

『パレード』予告編 – Netflix

髙石あかり コメント全文

完成した作品を観て衝撃を受けました。
この作品の一部になれたことを心から感謝しています。

今の自分たちに決して遠くない世界。
すぐ近くにあるはずなのに決して届かないあの場所がとても生々しく、美しく映っています。
靖子という役は、言葉をほとんど発しません。

台本には書かれていない彼女の気持ちを、しっかりと自分で作らなければといけないと思いました。
役についてどこまでも考えることのできたあの時間は、私にとってかけがえのないものとなりました。

 

髙石あかり プロフィール

2002年12月19日生まれ。宮崎県出身。
映画「ベイビーわるきゅーれ」(2021)で映画作品初主演を果たし、2023年は「ベイビーわるきゅーれ2ベイビー」「わたしの幸せな結婚」などの話題作に出演。第15回TAMA映画賞の最優秀新進女優賞を受賞した。2024年には、「ベイビーわるきゅーれ」シリーズの第3弾の公開をはじめ自身初となるファースト写真集「幻灯」の発売も控えている。

 

公開情報

Netflix 映画『パレード』
2月29日(木)より、Netflixにて世界独占配信
出演:長澤まさみ、坂口健太郎、横浜流星、森七菜、黒島結菜、中島歩、若林拓也、深川麻衣、でんでん、舘ひろし(特別出演)、北村有起哉、木野花、奥平大兼、田中哲司、寺島しのぶ、リリー・フランキー
脚本・監督:藤井道人
音楽:野田洋次郎
撮影:今村圭佑
エグゼクティブプロデューサー:坂本和隆
企画:河村光庸
プロデューサー:佐藤菜穂美、道上巧矢、行実良
制作プロダクション:BABEL LABEL
製作:Netflix

髙石あかり
推しごと公式Twitter