鶴嶋乃愛がフワフワ妖精風ドレスで1stフォトエッセイ発売会見に登場!! 「書いている時間がすごく濃い時間だった」

鶴嶋乃愛

「鶴嶋乃愛 1stフォトエッセイ 微睡む花の様に」の発売を記念したイベントが、3月9日(土)に開催され、イベントの前に行われた会見に鶴嶋乃愛が登場した。

鶴嶋乃愛1stフォトエッセイ「微睡む花の様に」

鶴嶋乃愛

本書は、2021年7月から2年以上にわたって書き綴ってきたTV Bros.WEBのエッセイ連載を1冊の本にまとめたもの。“自分自身”という存在と向き合いながら、日々の中で感じたことを詩的な文章へと落とし込んだ28編のエッセイに加え、本書だけの書き下ろしエッセイも収録されている。

鶴嶋乃愛

会見に登場した鶴嶋は、本が発売された心境として「2年半以上連載をさせていただけたのは、すごく貴重な機会でした。毎月コンスタントに書いていく中で、筆が止まる時もあれば、3時間で書き上げられる時もあり、書いている時間がすごく濃い時間だったなと感じていましたし、毎月読んでくださる方がいるというありがたさを日々感じていました」と感慨深げに答えた。

鶴嶋乃愛

「ブログとかとは違って、読んでくださる方がいる、受け取ってさまざまな解釈、自由な解釈をしてくださる場でもあるというのを考えると、相手がいるということを考えながら日々文章を書いていくというのは、私の中でも挑戦だったので、貴重な経験になりました。毎月の感想をいただくたびにすごくうれしかった」と連載を振り返りながら、「書き下ろしのエッセイも読んでいただいて、自分の心に一番近い文章はどれだったのか、ぜひファンの方に教えていただけたらうれしい」と改めて一冊の本として完成した喜びを語った。

鶴嶋乃愛

連載スタート時は20歳になったばかりだった鶴嶋。連載当初の自身と比較して成長した点を聞かれると、「自分自身吸収しているものがたくさんあるなということで、物事を例える時の言葉の幅がすごく広がった」と回答。一方で「『20歳からは時が経つのが早くてあっという間だよ』と言われて、自分の中でそれが納得せず、日々濃く長く生きていきたいという思いを綴ったエッセイが収録されているんですけれども(21年7月公開の第1回連載『時の流れで立ち止まる』)、その詩には今の私自身もすごく共感しました」と、変わらない思いがあることも明かした。

鶴嶋乃愛

エッセイ集には、撮り下ろしフォトも大ボリュームで掲載。打ち合わせから本人も参加し、文章に登場する言葉やイメージを具現化するべく、撮影のシチュエーションや衣装などにもたくさんのこだわりが反映され、鶴嶋の持つ世界観をより深く堪能できる写真が満載だ。その中でももっともお気に入りのカットとして、バラが描かれたヴィンテージのドレスを着た写真をセレクト。「最初は着る予定がなかったんですけれど、スタッフのみなさんから絶対似合うからこれも着てほしいって言っていただいて、急遽増えた1着なんです。とても自分らしいドレスだなとお気に入りで、ファンの皆さんに先行カットで見せた時もすごく好評でしたので、思い出深い1枚になりました」とほほ笑んだ。

鶴嶋乃愛

また、ファッションブランドプロデューサーとしても活躍している鶴嶋。そのセンスは、会見当日の衣装にも生かされており「ピンクの表紙が印象的な本とリンクできたらなと思って、この衣装を選びました。今年はフェザーに注目しているんですけれども、自分で持ってきた羽飾りを付けてみたのがポイントです」とくるりと一回転し、場内を魅了した。

そんな多才な鶴嶋だが、プライベートでは熱心な読書家で知られている。好きな作家について聞かれると、23年に第168回直木賞を受賞した千早茜を挙げ、「初めて千早さんの作品に出会ったのが『正しい女たち』という作品で、出会った当初から今もずっと、私の中で大切な作品です」と回答。「私が『綺麗に生きる』とか『まっすぐ生きる』というのを自分自身の人生のテーマとして重きを置いているのもあり、『正しい女たち』ってなんだろうと思ってページをめくると、女性ならではの葛藤などが透明感のある文章で描かれていて、自分以外のいろんな女性の視点になって考えることができる作品という印象でした」とその理由を述べた。

鶴嶋乃愛

記者からの「自身も文筆業に挑戦してみたいという思いは?」という質問には、「もちろんです!」と力強く回答。「今回はエッセイを書かせていただいたんですけれども、物語の中に入るのが幼い頃からすごく好きなので、いつかはぜひ小説などにも挑戦してみたい」と目を輝かせた。

鶴嶋乃愛

さらに、「幼い頃からドラマのセリフの真似をするのがすごく好きなのもあって、文章が好きなことにもつながっている」という鶴嶋。今後は「人間が生きることの“はかなさ”みたいなもの、余命のある役とかにも挑戦してみたいです。人間って、いつかみんな“死”というものが最後にあると思うんですけど、そこをドラマチックに描いた作品にぜひ出演してみたい」と女優業にも意欲を見せ、さらなる活躍を期待させた。

鶴嶋乃愛

最後に「いつも愛を寄せてくださるファンの皆さま、このたびは皆さまの応援のおかげもありまして、『微睡む花の様に』を出版させていただくことになりました。2年半以上書き溜めたエッセイ、そして書き下ろしもございますので、ぜひティータイムのお供などにしていただけたらとてもうれしいです。ぜひたくさん愛してください」とファンへの感謝を伝え、会見を締めくくった。

 

鶴嶋乃愛 1stフォトエッセイ 微睡む花の様に
●発売日:2024年2月28日(水)<好評発売中>
●定価:2,500円
●発行:東京ニュース通信社
全国の書店、ネット書店にてご購入できる。詳細はTOKYO NEWS magazine&mookをにて掲載。
https://zasshi.tv/

created by Rinker
東京ニュース通信社
¥2,500(2024/06/14 07:13:58時点 Amazon調べ-詳細)

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook< https://zasshi.tv/
■TV Bros.のサブスクリプションスタイルWEBサイト
「TV Bros.WEB」< http://tvbros.jp/
■TV Bros.のデジタル定期購読サービス
TV Bros. note版< https://note.com/tv_bros
■公式X
@tvbros< https://twitter.com/tvbros

 

関連記事

「PLACOLE & DRESSY」ブランドを展開する、冒険社プラコレは、ウェディングドレスをもっと身近に楽しんで欲しいと考え「ウェディングドレスに憧れるすべての人へ」PLACOLE&DRESSYが贈る、特別コンテンツをスタート。2[…]

鶴嶋乃愛
鶴嶋乃愛
推しごと公式Twitter