上白石萌音 初の書き下ろしエッセイ集『いろいろ』が予約受付開始!

NHK出版より発売される上白石萌音 初著『いろいろ』の発売日が2021年9月25日(土)に決定し、予約受付開始となった。
本作には初の書き下ろし掌編小説も収載予定。これまで個別に情報公開してきた各ネット書店での購入特典も今回まとめて紹介する。

上白石萌音エッセイ集『いろいろ』

上白石萌音初の書き下ろしエッセイ集『いろいろ』が2021年9月25日 に決定した。
また、『いろいろ』には、上白石萌音にとって初めての創作となる 掌編小説も収載予定となっている。

上白石萌音 いろいろ

予約受付開始に合わせ、『いろいろ』特設ページが公開された。
https://www.nhk-book.co.jp/pr/book/000000818632021/index.html

書名:『いろいろ』
著者:上白石萌音
発売:9月25日(電子書籍版同時リリース)
仕様:四六判/224ページ
収載内容:書き下ろしのエッセイ/故郷・鹿児島への小旅行ルポ/本人撮影のフィルムカメラスナップ/書き下ろし掌編小説 ほか

 

電子書籍版は撮り下ろしカットが追加

上白石萌音 いろいろ
近年、利用する方が増え、需要が高まる電子書籍。
今回『いろいろ』は電子書籍を同時リリースされるが、ひと手間加えて、電子書籍オリジナルバージョンのカバーデザインが作成された。

また、紙の本にも写真家・山本あゆみが撮り下ろしたカットがたくさん収載されているが、電子書籍ではさらに追加収載がされる。
紙の本には収載しきれなかった、鹿児島やカバービジュアル用に撮影した、上白石さん&山本さんコンビによる珠玉の写真たち。ページ構成の事情によることなく、コンテンツを活用できるのも電子書籍ならではの長所だ。

Amazon限定カバーエディション

上白石萌音 いろいろ
Amazon でご予約・ご購入いただいた場合の特典として、オリジナルのカバーデザインエディションが作成された。

こちらはいわゆる【通常版】とは装いが異なり、とある河原で早朝に撮影した写真をカバーにデザインとなっている。

上白石萌音が本を手に、やわらかな朝日を受けて河原にたたずむ印象的な写真。
こちらも写真家・山本あゆみによる撮り下ろしだ。
※Amazon限定カバーは数量限定となる。

 

楽天ブックスの特典は、直筆の生原稿データ

楽天ブックスで予約・購入すると、期間限定特典として「上白石萌音の手書き原稿PDF」が、購入した全員がダウンロードできる。
原稿はパソコンソフトでの執筆が主流の時代だが、手書きならではの味わいを楽しんでもらえるよう、原稿用紙に執筆してもらった。
50篇あるエッセイの中から、上白石萌音が選んだ1篇。
プリントしていただいたり、待ち受け画像にしたりと、楽しみ方はまさにいろいろ。
上白石萌音の綴る、やわらかくて温かみのある文字は、読むうちにまるでご本人の声が文章から聞こえてくるようだ。

HMV & BOOKS online特典はオンライントークイベント参加券

HMV & BOOKS online でご予約すると、上白石萌音の生配信オンライントークイベントへの参加券が特典として付く。
コロナ禍でなかなかリアルイベントが実施できず、そもそも全国各地をまわることが難しい中、ひろく皆さんに上白石さんの声をお届けできる方法として考えられた。
このイベントには、HMV & BOOKS onlineで購入した全員が無料で参加できるが、具体的な日時(10月初旬開催予定)や内容は現在検討中のため、詳細が決まりしだいHMV & BOOKS onlineの商品ページなどでお伝えされる。

OFFICIAL ONLINE SHOP限定 特製ブックカバー

上白石萌音OFFICIAL ONLINE SHOP でご予約・ご購入すると、特典として「オリジナルブックカバー」が付いてくる。
「書籍を刊行するなら、特典も本にまつわるものがいい」という発想のもと、まず浮かんだアイデアがブックカバーであった。
上白石萌音のファンクラブ会員の方だけでなく、会員でない人も購入できるよう2種類をご用意された。

会員の人のみ購入できるアイボリーカラーのブックカバーには、ランダムで上白石萌音の直筆サインが入る。
※サインのあり/なしは指定できない。

会員でない人が購入できるバージョンはダークネイビーとなる。 ブックカバーの地色や、スピン(しおり)の色は上白石萌音が選び、タイトルの『いろいろ』と上白石萌音の名前は手書きとなっている。
※どちらのバージョンも数量限定だ。

NHK出版での予約特典は『いろいろ』オリジナル付箋

NHK出版 でご予約した人の特典は、「『いろいろ』オリジナル付箋」だ。
タイトルの『いろいろ』を一文字ずつ印刷。 もちろん、こちらは上白石萌音による手書き文字である。

付箋の台紙は、広げると『いろいろ』のカバーのようになったり、内側にはちょっとした言葉が印刷されていたりなど、担当者が「少しでも本の雰囲気を感じられるものにしたい」との思いで、工夫を凝らした。
印刷物らしさを表すために、「色玉」と呼ばれる、正確に印刷されているかを確認するために使用する4色(CMYK)からなる印刷管理マークが印刷されている点もこだわりだ。
メモ代わりにすることはもちろん、「い」「ろ」「い」「ろ」を並べ変えて貼って楽しんだり、『いろいろ』の気に入ったページに貼るしおり代わりにしたりといろいろな使い方ができる。

※『いろいろ』オリジナル付箋は数量限定となる。

 

著者紹介

上白石萌音

上白石萌音 (かみしらいし・もね)
1998年、鹿児島県生まれ。
2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞。
俳優のほか歌手、ナレーター、声優など幅広く活躍。 ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」「恋はつづくよどこまでも」「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」、映画「舞妓はレディ」「君の名は。 」、舞台「組曲虐殺」「ナイツ・テイル―騎士物語―」など出演多数。
21年度後期連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」ではヒロイン(安子)、22年2月からの舞台「千と千尋の神隠し」では主演を務める。

 

 

推しごと公式Twitter