【取材レポート】「串カツ田中 アキバあいどる店」に行ってきた!

串カツ田中の秋葉原店が、アイドルが働く店舗となってリニューアルオープンするというニュースを聞いた。
どんなお店なのか、どんなアイドルが働いているのか? 我々推しごと編集部が、実際に体験してきた!

「串カツ田中 アキバあいどる店」とは

「串カツ田中 アキバあいどる店」は、既存の「秋葉原中央通り店」からリニューアルした店舗。メジャーデビューなど、大きな目標を目指して活動しているアイドルグループの方や、事務所への所属やアイドルになることを目指している方、秋葉原のカルチャーやアイドルが好きな方が働いている。

2021年3月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で活動の場を失ったアイドルを応援し、業種を超えて秋葉原の町を明るくすることを目指して「アイドルの卵応援プロジェクト」が発足。アイドルやアイドルの卵がファンと触れ合える場所として、6月にオープンしたのがこのアキバあいどる店なのだ。

串カツ田中 アキバあいどる店
左から、真理緒さん、葵さん、擬人化にゃんたさん

撮影のため、一時的に特別にマスクを外してもらった。通常はマスクをつけての営業となる。
また、通常は許可なくメニュー以外の写真撮影をすることはできない

 

実際に接客を体験

今回は取材ということで、特別にメニューの説明をしてもらった。
「串カツ田中 アキバあいどる店」限定メニューのうち、特にオススメなメニューを紹介してもらう。

オススメは「チンチロリン」と「ちょこばななBOX」。「チンチロリン」はオリジナルのサイコロとなっており、♡に「田」と「中」の文字が入っている。
「ちょこばななBOX」は、注文をすると店員さんが毎回手書きでお礼の言葉をBOXに書いてくれる。


アキバあいどる店の限定メニュー

早速、注文を取りに来てくれたのは「擬人化にゃんた」さん。注文はスマホで取ってくれる。


擬人化にゃんた

我々はノンアルコールドリンクの「ぷるぷるソーダ」と、オススメの「ちょこばななBOX」を注文した。
仕事でなければお酒を頼みたいところだったが、今回は断念。

ちなみに、ノンアルを注文した人だけには”とある物”が出てくる。

机にあるQRコードを読むと、左の画面が立ち上がる。
ここから、自分で注文することも可能だ。

さらに、画面右下の黄色いメガホンから、店内にいる推し店員に投げ銭ができる。
投げ銭をすると、対象の店員がお礼を言いに来てくれるシステムだ。

真理緒さんと擬人化にゃんたさんに投げ銭をしてみたところ、すぐに席に来てくれた。
「推しと話したいけど席が遠い……」という時には、ぜひ使いたい機能だ。

 

注文が完了すると、早速お通しのキャベツを「TryCour の葵」さんが持ってきてくれた。
すると間を空けずに、さきほど注文した「ぷるぷるソーダ」もテーブルに。

ぷるぷるソーダはカラフルなゼリーにハートのストローと、見た目にも楽しいドリンクだ。下に沈んだゼリーをストローで混ぜて飲むと、炭酸のシュワシュワ感とゼリーの甘さでなかなかに美味しい!
暑い夏には、アイスが乗った「ぷるぷるクリームソーダ」もいいだろう。


TryCour 葵

ノンアルコールドリンクを注文すると、アキバあいどる店オリジナルの「ここにお酒は置かないで!」というコースターを置いてくれる。先ほどの“とある物”とはこれだ。

 

ドリンクを飲みなら少し待つと「覚醒ローズマリーの 真理緒」さんが、オススメメニューの「ちょこばななBOX」を運んできてくれた。


覚醒ローズマリー 真理緒

この「ちょこばななBOX」は、なんと店員さんが目の前でチョコレートをかけてくれる。
「甘いのは好きですか?」という質問に「好きです」と答えると、さらに下のポップコーンにもかけてくれた。

このBOXには推しがメッセージを書いて持ってきてくれるので、食べ終わったあとに思い出の品として持って帰ることができる。


真理緒さんのメッセージつきBOX

そうこうしているうちに店内が混んできたため、我々は退店することに。
お会計をして帰ろうとすると、出口までお見送りをしてくれた。

今回体験させてもらったこと以外にも、今後は店舗限定の企画やコンテンツが展開されていくとのこと。
これからの「串カツ田中 アキバあいどる店」も楽しみだ。

 

店内の様子

店内の壁には、推しからの直筆メッセージが書いてあるポスターや、イチオシのメニューが貼ってある。
さらに、働いているメンバーの写真とプロフィールもあるので、その日いないメンバーもチェック可能だ。

 

【次のページ】
「串カツ田中 アキバあいどる店」で働く3名のアイドルにインタビュー

 

推しごと公式Twitter